ようやく朝夕過ごしやすい季節になってまいりました。9月は十五夜、お彼岸、秋祭り、運動会等の月ですが、今年こそ多くの方々がそれらの豊かな日本文化を堪能できるようになる事を願ってやみません。

そんな願いとは裏腹に、YAHOOニュースは「新規感染者数はいまだ世界最悪で、感染の勢いはちっとも衰えない。」と報じています(8月28日の記事)。

一方、世界各国のサル痘感染拡大を受け、WHOは「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」だと宣言、またアメリカは8月4日に公衆衛生の緊急事態を発令しました。

私達清掃業界は、今後も引き続きお客様を守る清掃について取り組む必要があります。しかし、今までの延長線上では良い取り組みとは言えません。その理由は、昨今アメリカにおける消毒用化学物質に対する意識の変化です。今、多くの専門家が消毒用化学物質に関する健康・環境リスクを懸念しており、多くの企業が人や地球にやさしい「グリーンケミカル」に移行しています。この傾向は間違いなく日本でも見られるようになるでしょう。

ビーフューチャーは、1996年から「グリーンケミカル」を推奨して参りました。今まで培ってまいりましたノウハウと世界中から選りすぐった製品で、人を守るケミカルがリスクとなってしまわないように、皆様の「グリーン」の取り組みを全力でサポートさせて頂きます。私共に何なりとご相談ください。

「グリーンケミカル」について興味深い記事を見つけましたのでご紹介します。

(ウェブサイトCleanlink 『Why Green Chemicals Are Important to Cleaning Businesses』を翻訳、引用しました。) 

===引用ここから===

グリーンケミカルが清掃業者にとって重要な理由

寄稿:ダグ・フライグ(ストラタス・ビルディング・ソリューションズ社 社長)

企業が清掃サービスを利用する理由のひとつに、顧客や従業員の健康を脅かす細菌やアレルゲンの除去が挙げられます。しかし皮肉なことに、この目的を達成するために使用される過酷な洗浄液には、頭痛、目の炎症、皮膚の発疹、呼吸障害などの健康問題を引き起こす化学物質が含まれていることが多いのです。さらに、これらの化学物質が廃棄されると、水源に浸透し、水質や野生生物に影響を与える可能性があります。

21世紀に入ってから、アメリカでは以前にも増して健康や環境に対する意識が高まっています。清掃製品、農薬、食品添加物など、かつては安全だと考えられていた化学物質に発癌リスクがあることが判明すると、市場から撤去されました。このような意識は、グリーンクリーニングの人気の高まりと密接に関係しています。

グリーンクリーニングとは?

グリーンクリーニングとは、簡単に言うと、人体や環境に安全な製品を使った清掃のことです。

従来の洗浄剤には、有害とされる揮発性有機化合物(VOC)が含まれているものがほとんどです。揮発性有機化合物を吸い込んだり、揮発性有機化合物で洗浄された面に触れたりするだけで、人は揮発性有機化合物にさらされることになります。これに対し、グリーンクリーニング製品の多くは、リン酸塩、塩素、人工香料、人工着色料を使用していません。

グリーンクリーニングの歴史

20世紀前半、多くの人々は、建物の入居者を病気の原因となる細菌から守るために、刺激の強い有毒な化学物質を使用する必要があると信じていました。しかし、1960年代になると、科学者たちはこの考え方に疑問を持ち始め、化学物質が人の健康や環境にどのような悪影響を及ぼすかを研究し始めました。1970年代には、米国環境保護庁(EPA)が、特定の化学物質への曝露と、癌をはじめとする多くの病状との関連性を指摘しはじめました。

グリーン化へのためらい

1980年代、一部の消費者や企業経営者は、化学薬品を使用せずにクリーニングを行う方法を模索し始めましたが、従来の化学薬品よりも高価で効果の低い製品に出会うことになりました。しかし、この40年間でグリーンクリーニングは大きな進歩を遂げました。

現在販売されているグリーンクリーニング製品は、従来の有毒な洗浄剤と同じように、あるいはそれ以上に効果的です。グリーンクリーニングは、汚れや油脂、その他の残留物を構成する化学結合を破壊します。結合を破壊すると、汚れを洗い流すのが容易になります。 

また、価格面でも他の洗浄剤と遜色ないレベルになっています。これには、いくつかの理由があります。「グリーン」製品は超高濃度であることが多いため、経済的です。また、グリーンクリーニングへの関心が高まり、化学薬品を使わない新しい洗浄液を開発しようとする企業間の競争も激しくなっているためです。

グリーン化のメリット

グリーンクリーニングに切り替えると、多くの利点があります。特に、環境に配慮したプログラムでは、刺激の強い物質に繰り返しさらされる危険性から従業員を守ることができます。また、従業員が体調を崩すことによる業務の中断を防ぐことができ、従業員の定着にもつながります。また、環境保全に貢献することにもなります。また、環境に配慮した企業と共に仕事がしたいと考える新規顧客を獲得することで、利益にもつながるでしょう。

「グリーンウォッシング」に注意

グリーン企業へ移行する際には、適切な清掃製品を選ぶよう注意することが大切です。グリーンクリーニングの人気にあやかりたい企業の中には、製品に「エコセーフ(環境に安全)」や「エコフレンドリー(環境にやさしい)」といった一般的な謳い文句をつけるところもあります。これは「グリーンウォッシング」と呼ばれています。このような謳い文句を実際に実行していなくても「グリーン」を売り込めることに気づいた企業が、1980年代にこのような行為を始めたのです。

環境保護庁は、有害な化学物質を含まない洗剤を簡単に識別できるようにするため、人の健康や環境にとってより安全な成分を含む製品を認証する「セーファーチョイス(より安全な選択)」プログラムを設立しました。また、殺菌剤や除菌剤などの抗菌製品には、環境に配慮した製品(DfE)ラベルを付けています。

また、世界的な非営利団体であるグリーンシールも、人と環境に安全な製品を認証しています。

グリーン・クリーニングはこれからも続く

ストラタス・ビルディング・ソリューションズ社は、2009年にグリーンクリーニングの提供を開始しました。現在、当社の全ての製品は、グリーンシール認証を取得しており、無毒性、生分解性、無香料であることも確認されています。揮発性有機化合物の含有量が少ないため、清掃時にクリーンな雰囲気を作り出し、施設内の空気の質を清潔に保つことができるのです。

もしあなたの清掃会社がまだ刺激の強い化学薬品を使って作業をしておられるのであれば、考え直す時期が来ているのです。有害物質で体調を崩す心配がないため、従業員の会社に対する思いを高めることができます。また、環境保護に貢献することもできます。そして、より多くの企業が環境に優しい洗浄剤を求めているため、グリーンに向かうことによって収益も上がることでしょう。

===引用ここまで===