コラム:『C.Diffと闘う』

C.Diff(Clostridium Difficile)とはクロストリジウム・ディフィシルといって、院内感染を起こす菌のことです。健康な人の約50%がC.Diffをもともと腸に保有しているのです。

ただし、病気の発症や抗生物質の使用によりC.Diffが刺激されない限り、C.Diffは植物状態で腸にいて人を病気にするようなことはありません。しかしある時を境に抵抗力のある最後の胞子が作られてC.Diffが活動状態になると、その胞子を根絶することは不可能ではなかったとしても非常に難しいのだそうです。

では、C.Diffの拡散を防止するには?答えは、きちんと清掃し衛生状態を良く保つことです。
具体策は以下の通り

  • 漂白剤由来の消毒剤でC.Diffの胞子を殺す
  • 業務用スチームクリーナー(スチームクリーニングの力で、最高で90%もC.Diffの胞子を取り除くことができたという研究結果が2件、それぞれ別々の研究所から出されている)、紫外線ライトシステム、部屋用噴霧器(メーカーの定めた容量の水素ガスを噴射して部屋のC.Diffの胞子を殺すシステム)などを導入する
  • トイレに照準を当てた掃除の実施を行う
    病院での例:
    C.Diffの患者の部屋を1日2回(朝と午後それぞれ1回ずつ)清掃
    C.Diffの患者の部屋を清掃後は、掃除に使った道具をそのまま部屋に置いておかない
    それぞれの部屋ごとのトイレブラシを用意し、患者が退院した際にはそれを破棄する
  • 専用のマイクロファイバーの布やモップを部屋ごとに用意
  • 除菌用ローションを過信せず、石鹸と水を使った適切な手を洗う(除菌用ローションの合成物はC.Diffの胞子に浸透していかないので、除菌をしても細菌を落とすことができない)

そして何より重要なことは、一瞬の気の緩みでいままでの努力が水の泡になってしまわないように、C.Diffを根絶する努力を続けることです。                     (Sanitary Maintenance誌4月号記事より)

夏の天敵に カビの撃退、油性の汚れの臭い、トイレの消臭にぜひお使い下さい

バイオニクス キッチンやトイレの床の油分や尿を、バクテリアが一晩で分解してくれます。
また、モップのカビの除去にもお使いいただけます。水で希釈したバイオニクスにフロアーモップを一晩つけておくと、きれいで清潔なフロアーモップに甦ります!
オキシーラ 流し、浴槽、シャワー、その他の水回りの汚れや石鹸カスを分解、またカビを寄せ付けないようにします。あらゆる汚れに対応できる万能型除去剤です。
ホワイトウォーター 生分解性の洗浄システムで、ステンレス、スチール、ガラス、大理石、磁器、セラミックタイルなどについた油分の汚れやにおいの元を断ち切ります。床のモップ掛け、スプレー&拭き取りなど、あらゆる場面に対応します。

詳しくはお気軽にお問い合せ下さい。